フォンダンショコラ(ローソン)

フォンダンショコラ(ローソン)

とろ〜っととろけるフォンダンショコラ!バレンタイン限定バージョンです。

ここがポイント 温めすぎたら、せっかくのデコレーションも台無しなので注意しましょう。

ローソンの今年のバレンタインシリーズの商品として、
2月3日から2週間販売されていた商品のひとつ
『温めて食べるフォンダンショコラ』を今回は食べてみるよー!
ホームページの説明によると…
「ココア生地の中にビターなチョコレートソースを閉じ込めました。温めて食べると中のチョコレートソースはとろ〜っと溶け、濃厚なチョコを感じて頂けます。粉糖をハート型にふりかけたバレンタインの特別バージョンです。」
って事みたいだよ。
『温めて食べるフォンダンショコラ』バレンタイン限定バージョン
『温めて食べるフォンダンショコラ』バレンタイン限定バージョン
ちなみに「フォンダンショコラ」ってフランスのチョコレートケーキの事で
fondant は「溶ける」という意味の動詞 fondre が語源なんだって。
スポンジケーキの中心部が
チョコレートソース状になっているのが特徴なんだよね〜。
なんとなくイメージとしては、スポンジという印象があったけど…
この「フォンダンショコラ」は、チョコレートコーティングされ
その上にパウダーシュガーでハートが描かれているんだね。
バレンタインムード満点っ。
早速、ローソンのフォンダンショコラをレンジでチン。
早速、ローソンのフォンダンショコラをレンジでチン。
温めて食べるのがオススメだそうなので、さっそく温めてみました。
チンしたところ・・・
表面のチョコレートも溶け…
表面のパウダーシュガーも溶けちゃった!!!(泣)
温め過ぎない方が良かったみたい…。
(あー、失敗・・。)
温め過ぎて、ハート型がどこかに消えて無くなった。。。
温め過ぎて、ハート型がどこかに消えて無くなった。。。
トロッと溶けたチョコレートが食欲をそそりつつ・・・
温かいうちに食べようね〜っ。笑
フォークで割ると、中のココア生地もとても濃厚な色!
ぶっちゃけ、写真では色が濃くて
チョコレートのかたまりみたいになってるけど…
チョコレートの下はちゃんとスポンジになってたよ。
そして中心部にはチョコレートが閉じ込められてる〜!!
グロいので、閲覧注意っす!
グロいので、閲覧注意っす!
温めるとスポンジ生地もフワッとした感触を取り戻し
口どけ感も増してるね。
コーティングのチョコレートもトロッと口の中で溶け、満足感もより一層。
ちょっぴりビターで、大人の味わいと言ったところかな。
濃厚なチョコレートの風味を楽しみたい人には
ピッタリのスイーツかもね!
コーヒーや紅茶との相性もバッチリ。
個人的にはほうじ茶も合いそうな気がするなぁ〜。
来年のバレンタインシーズンもぜひ登場して欲しい!

今話題の「ショコラ」スイーツをチェック!

夢の4種詰合せ サクッとショコラのカルテット サロンドロワイヤル

サロンドロワイヤル(12件のカスタマーレビュー)

ピーカンナッツを香ばしくキャンディコーティングし、クーベルチュールチョコレートで包んだ贅沢な逸品。月平均で約100万袋販売の大人気商品です。キャラメル・ココア・塩・抹茶の夢の4種がひとつになりました。

「ショコラ」カテゴリの記事

Top