ショコラ ミルフィーユ(ローソン)

ショコラ ミルフィーユ(ローソン)

口どけの良いパイに、ショコラの香りが広がるミルフィーユ。

ここがポイント ザクザクとした食感が心地よい、男性も満足のスイーツ。

この『ショコラ ミルフィーユ』の発売日は2014年12月16日。
去年末に発売となったばっかりの焼き菓子なんだよね!
商品説明によると…
「丁寧に幾重にも折り重ねた口溶けのよい生地の層とバターの層を交互に重ねました。その重なったものを1.5mmまでうすく延ばして、ふんわり焼き上げることでとっても軽い食感と溶けるような口溶けに仕上げました。」
だってさ〜。
ローソン『ショコラ ミルフィーユ』の原材料をチェック。
ローソン『ショコラ ミルフィーユ』の原材料をチェック。
ちなみにミルフィーユって何かと言うと…
フランス発祥の菓子の一種で
現代では3枚のパイ生地にクリームを挟み
表面に粉糖がまぶされたもの。
あるいはフォンダンがけされているものが基本なんだって!
説明してるだけでヨダレが出そうだよ・・・笑。
パッケージ開封!美味しそうだ、コレ。
パッケージ開封!美味しそうだ、コレ。
パッケージを見てみると…
「口どけの良いパイに 香ばしいジャンドゥーヤ」と書いてるね。
ジャンドゥーヤって何だ???と思って調べたら
焙煎したナッツ類(主にヘーゼルナッツやアーモンド)のペーストと
チョコレートとの混合物の事なんだって。
ちなみに、このパッケージだけど
これまでの焼き菓子とは違い、こちらはアルミ包装で
中が見えなくなってるんだよね。
代わりに、ショコラミルフィーユの美味しそうな写真がプリントされてる!
3枚重ねの生地はボリューム満点
3枚重ねの生地はボリューム満点
早速、開封してみると・・・
中から登場したのは、スライスアーモンドをまぶした3枚重ねのパイっ。
さらに蜜がけのようなコーティングもされてるね〜。
パイ生地というよりは、ビスケット生地のようにも見えるかも。
ミルフィーユの一般的な定義には沿っているみたいだけど
パイ生地をめくると、その下にはチョコレートが…。
これがジャンドゥーヤというものなのかなぁ??
ひと口食べてみた。
ひと口食べてみた。
ひと口、食べてみると・・・
サックリ…というよりはむしろザックリって印象だね。
とても香ばしいくて、食べ進んでいくうちに
口の中に芳醇なバターの風味が広がります。
これがパッケージにあった「欧州産発酵バター使用」の効果なのかもね。
そして、その後やってくるのが
チョコレートとナッツの交じり合ったコクのあるカカオの風味!
これがジャンドゥーヤの仕業だろうねっ。
チョコもばっちり入ってます。
チョコもばっちり入ってます。
上にまぶされたアーモンドと
そこに蜜がけされた砂糖のぱりぱりした食感も
さらにアクセントを加えてくれるよね〜。
食感的にも様々な楽しみ方が出来るって思ったよ。
全体的に甘さ控え目で
甘いものが苦手な人にも美味しく食べることが出来るよね。
ザクザクとした歯触りが楽しいミルフィーユ!
ぜひお茶受けに、コーヒー受けに楽しみたいね!

今話題の「ショコラ」スイーツをチェック!

夢の4種詰合せ サクッとショコラのカルテット サロンドロワイヤル

サロンドロワイヤル(12件のカスタマーレビュー)

ピーカンナッツを香ばしくキャンディコーティングし、クーベルチュールチョコレートで包んだ贅沢な逸品。月平均で約100万袋販売の大人気商品です。キャラメル・ココア・塩・抹茶の夢の4種がひとつになりました。

「ショコラ」カテゴリの記事

今話題の「ミルフィーユ」スイーツをチェック!

ベルンのミルフィユ(ミルフィーユ) (ミルフィユ 8個入り)

ベルン(3件のカスタマーレビュー)

ベルンのミルフィーユは、手ごろな値段と関東圏にしか店舗がない為、お取り寄せスイーツとして人気なんですね。味は『ミルクチョコレート』『へーゼルナッツチョコ』『スイートチョコ』の3種。サクサクのパイをクリームで挟み込んだこちらの一品を、召し上がってみませんか?

「ミルフィーユ」カテゴリの記事

Top