ふわとろフレンチトースト(ローソン)

ふわとろフレンチトースト(ローソン)

話題沸騰中の『ふわとろフレンチトースト』

ここがポイント フォークで切れるほど、耳まで柔らかいとの事ですが…本当に柔らかいです。

スイーツ紹介サイトなどで、「このフレンチトーストすごい!!」と話題沸騰…なかなか出会えなかった「ふわとろフレンチトースト」にやっと出会えたから食べてみるよ〜。
ふわとろフレンチトースト(ローソン)の原材料。
ふわとろフレンチトースト(ローソン)の原材料。
商品紹介によると…「ふわとろ食感を実現するため、全ての食材にこだわりました。パンは約3cmの厚切りパン、国産牛乳とスイーツに使用されるエグロワイヤルを配合したフレンチ液・国産バターを使用しています。」との事。
見た目はシンプルなフレンチトースト。シンプルなだけに「ふわとろフレンチトースト」は、味で勝負。
見た目はシンプルなフレンチトースト。シンプルなだけに「ふわとろフレンチトースト」は、味で勝負。
エグロワイヤルって何?と思って調べてみると…「ヨーロッパで修行して帰国したシェフ、パティシエが当時作っていた味が出せないという声から、鶏へ与える飼料の主原料を日本の大多数で使われているトウモロコシからヨーロッパで多く使われている小麦とし、他の原料もヨーロッパ風となるように配合して産まれた卵。特に洋菓子やフランス料理などに向く用途卵。」なんだって。
とにかく、こだわりの卵なんだね。パッケージは平たい横長のケースにフレンチトーストが入っていて、その上にバターがのせられてるよ。
量的には、1枚の半分。と聞くと少なそうだけど…そもそもトースト自体が3センチの厚みということで、見た目のボリューム感は満点っ。
電子レンジで温めると、さらにふわふわで美味しくいただけます。
電子レンジで温めると、さらにふわふわで美味しくいただけます。
それでは早速、電子レンジで温めてみよう〜。じーっと見ていると…バターがじわーっと溶けだして、フレンチトーストの甘い匂いが漂ってくるね…。スイーツが温められた時の、あのバターの溶ける匂いは、本当に破壊力があるなあ…。
温めるとバターが溶け出して、トースト全体にバターのうまみが広がります。
温めるとバターが溶け出して、トースト全体にバターのうまみが広がります。
バターがとろーっと溶けたフレンチトーストをレンジから取り出して、いざ実食!付属のフォークでいただきま〜す!フォークで切れるほど、耳まで柔らかいとのことだけど…本当に柔らかい!!耳と本体の生地が分からないくらいの柔らかさ。フレンチ液がシッカリ染み込んだ生地はトロッととろける様で、それでいてトーストは原型を失うことなく…。噛むたびフレンチ液がじゅわっと染み出して、絶品の味わい!
フワフワのフレンチトーストは、まさに王道の味。
フワフワのフレンチトーストは、まさに王道の味。
卵の滋味がしっかり生きていて、それでいて牛乳のコクもあり…そこにシッカリ焼き上げられた焦げ目の香ばしさ…モッチリした生地の弾力。とろーっと溶けたバターのこってり感…。すべてが混然一体となった、まさに最強のフレンチトースト…。
気分はまさにフレンチ…と言いたいところだけど、フレンチトーストは北アメリカ、ヨーロッパの一部、アジアの一部の国・地域、ラテンアメリカでよく食べられているものらしく、あながちフレンチって訳でもないみたい。(笑)
これは、スイーツとしても完成してるね。スイーツサイトで絶賛されるのも納得だよ〜。パン売り場などでフレンチトーストはあるけど、ここまで本気のフレンチトーストは無かったかも。フレンチトーストが好きな方はぜひチェックして欲しいな。

「フレンチ」カテゴリの記事

今話題の「ふんわり」スイーツをチェック!

■生クリーム大福 12個入れ・ふんわり・もっちりの手造り大福!!♪

御菓子司 こん平

1個は約60g。手造りの為、多少の増減がありますが、とっても美味しい一品。種類はコーヒー・チーズ・抹茶・ブルーベリー・小倉の5種。安心・安全の為、防腐剤・保存料等々は使用していないのもポイント。

「ふんわり」カテゴリの記事

Top