瀬戸内レモン&バニラ マカロン(ローソン)

瀬戸内レモン&バニラ マカロン(ローソン)

不二家が製造する『瀬戸内レモン&バニラ マカロン』

ここがポイント 予想以上にレモンの香り、風味がシッカリ生きています。バニラの方は甘すぎず食べやすい。

今回、紹介するのは「Uchi-Cafe SWEETS 瀬戸内レモン&バニラ マカロン」だよ!ローソンのマカロンに新しいフレーバーが登場ということで、早速手に取ってみたの。
瀬戸内レモン&バニラ マカロン(ローソン)の原材料。
瀬戸内レモン&バニラ マカロン(ローソン)の原材料。
最近よく目にする瀬戸内レモン…広島県豊田郡大長村(現広島県呉市豊町大長)が、明治31年に和歌山県からネーブルの苗木を購入した際、レモンの苗木3本が混入し、それを試植したのが始まりだそう。それが根付いているのもすごいよね。
鮮やかなカラーのマカロン。これぞスイーツ。
鮮やかなカラーのマカロン。これぞスイーツ。
一時は輸入ものの流通で生産が落ちていたけど、昨今の食品に対する安全意識から最近また注目されているんだって!製造は「不二家」。お菓子メーカーの製造ということで、味にも期待できるね!
「瀬戸内レモン&バニラ マカロン」は、とにかく黄色い!まさにレモン。
「瀬戸内レモン&バニラ マカロン」は、とにかく黄色い!まさにレモン。
では、まず「瀬戸内レモン」から。鮮やかなレモン色が見た目にも爽やかで、手にした感じもとても軽やか。半分に割ってみると、綺麗なレモンカラーの生地に薄い黄色のクリームがサンドされてるよ。
しっかり詰まったマカロン生地と、やや控えめなクリームの量。レモン記事への自信がうかがえる。
しっかり詰まったマカロン生地と、やや控えめなクリームの量。レモン記事への自信がうかがえる。
ひと口食べて見ると…予想以上にレモンの香り、風味がシッカリ生きてるね!ふわっと漂うレモンの香りが噛んだ瞬間口の中いっぱいに広がって、これは美味しい!!さっぱりしていていくらでも食べられそう〜。
表面はサクッとして、中身はしっとりしているのがよくわかる。
表面はサクッとして、中身はしっとりしているのがよくわかる。
続いて「バニラ」。サックリ一口食べた瞬間、バニラの香りがフワッ。よく見るとバニラビーンズの粒も見えるね。バニラの香りはしっかりいきてるけど、甘すぎず食べやすいよ〜。
レモン味を食べた後に食べても、その余韻の邪魔をしてなくて、合う!個人的には他の組み合わせで売られてる「バニラ」より、この組み合わせの「バニラ」の方が好きかも!どちらもサクッとした感触のあと、ちょっとネットリ、モッチリとしたマカロンならではの感触がたまらないよ〜っ。
ともあれ、このマカロンの目玉はやっぱり「瀬戸内レモン」。是非レギュラー化して欲しいね〜。

今話題の「バニラ」スイーツをチェック!

(個包装) サクッとほどける洋風せんべい ヴァッフェル 8枚入り (バニラ4枚・抹茶4枚)

京都お菓子の部屋

ヴァッフェルは、口溶けの良いバニラクリームをサンドした洋風のせんべいです。その独特の味は、一度食べるとやみつきに。厚みのある波型のおせんべいの触感が抜群。サクサクとした軽い歯ざわりのクッキーのようなおせんべいです。

「バニラ」カテゴリの記事

「マカロン」カテゴリの記事

今話題の「レモン」スイーツをチェック!

レモンケーキ(10個入り)

お取り寄せ物産館(1件のカスタマーレビュー)

レモンケーキは、北海道産のバターにレモン果汁と、たっぷりの新鮮な卵を加えて焼き上げた生地に、レモンチョコをコーティングした、焼き菓子です。「レモンケーキ」と言えば懐かしい響きに感じられる方もいると思います。最初のブームは昭和40年頃で、初めてレモンケーキが売り出されると、瞬く間に全国に広がっていったそうです。このレモンケーキは、その当時の配合表を元に、分量こそ、今風に若干の調整をしてあるものの、作り方や原材料は、全く変えていません。包装されている銀色の袋も、創業当時のデザインの物を使用しているそうで、おいしさと懐かしさを楽しむことのできる一品となりました。

「レモン」カテゴリの記事

「瀬戸内」カテゴリの記事

Top