ミルフィーユ・シャンティ(ファミリーマート)

ミルフィーユ・シャンティ(ファミリーマート)

カスタードクリームは、こってり濃厚で味わい深い『ミルフィーユ・シャンティ』

ここがポイント ミルフィーユ生地の部分はコーティングされていることもあって、パリパリでサクサクと食感も良いです。

今回、紹介するのは「Sweets+ ミルフィーユ・シャンティ」だよ!例年発売されているクリスマスケーキと同じ名前のミニケーキだね。
ミルフィーユ・シャンティ(ファミリーマート)の原材料。
ミルフィーユ・シャンティ(ファミリーマート)の原材料。
商品紹介によると「シュガーコーティングした香ばしいパイにカスタード・ホイップを重ね、苺を飾りました。」とのこと。真っ白いホイップクリームに、赤いイチゴが映えてるね。パッケージの写真に写っているのが、クリスマスケーキとして販売される「ミルフィーユ・シャンティ」みたい。
ちなみに「シャンティ」の意味を調べてみたけど…ホイップしたクリームをフランス語でクレームシャンティって言うんだって。フランスにそういう名前のお城があるという解説もあったよ。(ちなみにサンスクリット語で「心の平安」という意味もあるみたいだけど…これはあまり関係なさそう?)
「ミルフィーユ・シャンティ」は、パッケージとスイーツの見た目も上品でおいしそう。
「ミルフィーユ・シャンティ」は、パッケージとスイーツの見た目も上品でおいしそう。
白く四角いお皿のようなパッケージに収められた、真っ白いケーキ。中央に苺が、そしてその周りに細かく砕かれたピスタチオがまぶされてるね。
ピスタチオの香ばしさが程よいアクセントに。
ピスタチオの香ばしさが程よいアクセントに。
それではまず一口…スプーンを刺そうとすると、半分くらいのところで硬い手ごたえが。シュガーコーティングされたパイ生地にぶつかったみたい。これがなかなかの硬さで、ザクッとした感触とともにケーキの底に到達っ。持ち上げてみると…生クリームの下にスポンジ生地、そしてカスタードクリーム、ミルフィーユ生地といった感じになってるよ!
表面の見た目はシンプルでも、中身はものすごく凝っている。
表面の見た目はシンプルでも、中身はものすごく凝っている。
クリームはあっさりめで、口どけもよく食べやすく、逆にカスタードクリームはこってり濃厚で、深い味わい。
ミルフィーユ生地の部分はコーティングされていることもあって、パリパリでサクサクと食感も良い。コーティング部分はポッテリ甘く、カスタードやホイップとはまた違った甘さが特徴的だよ!
通常のケーキよりはちょっと割高だけど…それも納得できるクオリティ。ホールでケーキを買うのはハードル高いけど、このサイズならお一人様にも手が届く嬉しいところだね。

今話題の「ミルフィーユ」スイーツをチェック!

ベルンのミルフィユ(ミルフィーユ) (ミルフィユ 8個入り)

ベルン(3件のカスタマーレビュー)

ベルンのミルフィーユは、手ごろな値段と関東圏にしか店舗がない為、お取り寄せスイーツとして人気なんですね。味は『ミルクチョコレート』『へーゼルナッツチョコ』『スイートチョコ』の3種。サクサクのパイをクリームで挟み込んだこちらの一品を、召し上がってみませんか?

「ミルフィーユ」カテゴリの記事

Top