ザッハトルテ(ローソン)

ザッハトルテ(ローソン)

バレンタイン商品『ザッハトルテ』

ここがポイント ビターなチョコレート生地を2枚重ねし、間にはアプリコットジャムが挟んであります。

もうかなり前の事だけど
今回はローソンの今年のバレンタインシリーズの商品として、2月3日から2週間販売されていた『ザッハトルテ』の食レポをアップするよ!
ザッハトルテ(ローソン)の原材料。
ザッハトルテ(ローソン)の原材料。
ローソンオフィシャルサイトの紹介文によると…
「ビターなチョコレート生地を2枚重ね、間にはアプリコットジャムを挟みました。チョコレート生地と相性のよい甘さ控えめのホイップクリームを絞っています。コーティングチョコのシャリっとした食感とチョコレート生地・ホイップクリームのバランスを楽しんで頂けます。」
なんだってさ〜。
去年のクリスマスシーズンにもザッハトルテが販売されてたけど
そちらとはまたパッケージなども変わっているみたいだね!
ザッハトルテ(ローソン)の蓋を開けてみました。
ザッハトルテ(ローソン)の蓋を開けてみました。
ザッハトルテといえば、チョコレートケーキの代表格なんだけど…
元々はオーストリアの代表的なお菓子みたいだね。
名前の語源としては、フランツ・ザッハさんが考案したお菓子(トルテ)という意味なんだって。
小麦粉、バター、砂糖、卵、チョコレートなどで作った生地を焼いて
チョコレート味のバターケーキを作り、アンズのジャムを塗った後に、表面全体を溶かしチョコレート入りのフォンダン(糖衣)でコーティングし、舌休めとして砂糖を入れずに泡立てた生クリームを添えて食べるにが一般的なんだって。
(説明長くなり過ぎ、汗。)
このローソンのザッハトルテは
パッケージは丸いドーム型で、ケーキをすっぽり包み込んでいるね〜。
ケーキの下に敷かれた鮮やかなシートがゴージャス感が増してる!
いい感じ。
食べる前に冷蔵庫に入れていたこともあってか、パッケージを開けると
表面にうっすら水滴が…。
中は、チョコレート生地のスポンジでした。
中は、チョコレート生地のスポンジでした。
とりあえず一口食べたんだけど
外側のパリッとしたチョコレートの中に
チョコレート生地のスポンジがあるね。
その間にはアプリコットジャムがサンドされていたよ!
フォークでカットする時にも思ったんだけど
全体的にパサッとしている感があるね。
食べる時にスポンジがバラッと散ってしまったのが
ちょっと食べにくかったなぁ。
その分、ホイップクリームがまろやかさを加えているのかな?
クリームは甘すぎず、スポンジと一緒に食べると、相性抜群っ。
味わいは、チョコレートの風味がとっても濃い〜っ。
チョコレート好きにはたまらないんじゃないかな。
濃いチョコは男性向け!?
濃いチョコは男性向け!?
でもチョコレートの風味が強いせいか
アプリコットジャムの風味がそこまで味わえず、残念。
アクセントとなっているであろうジャムの風味を
もう少し楽しみたかったって感じだね。
食感としては、チョコレートのシャリシャリとした感触が珍しくて
クセになりそうだった〜。
チョコレートのパリッ、スポンジのふわっ、そこをまとめるシャリッとした食感…なかなかバランスは良いんじゃないかな!?
小ぶりなので、一人で食べるにもピッタリだけど
カップルは別のバレンタインシリーズを購入し
いくつかシェアするのも良さそう〜。

「トルテ」カテゴリの記事

Top