大福(ファミリーマート)

大福(ファミリーマート)

沖縄限定の大福。地産地消にこだわる大福なのか!?

ここがポイント 意外と本土のファミマでは見かけない、オーソドックスな大福です。

突然だけど、ご当地スイーツ!今回は沖縄編。
その商品は・・・ズバリ『大福』だよ。
ただの大福かと思いきや、「おきなわ限定」って事みたい。
これは食べるのが楽しみだね〜。
沖縄は本土とは異なり、「株式会社沖縄ファミリーマート」っていう
沖縄県担当の事業者…つまりエリアフランチャイズとして運営しているみたいだね。
ファミリーマート独自商品のパッケージも、本土内のファミリーマート店舗で
取り扱われている商品とは、異なるものが多いみたいだよ。
製造は「オキコ株式会社」ってう会社が製造しているみたい。
この会社は、沖縄県中頭郡西原町に本社を置く製パン会社で
敷島製パンと技術提携していて「Pasco」ブランドの製造も行っているんだって。
ちなみに、製パン業者としては沖縄県内最大手の企業なんだって!
おきなわ限定っす。
おきなわ限定っす。
そして、今回食べる「おきなわ限定 大福」は
沖縄ファミリーマートのパンコーナーの棚、もしくはレジ横に「ガム」や「SOYJOY」のようなライトフード感覚で置いてあるんだよ。
手軽に購入出来る(してしまう!?)商品だね。
ちなみに、この「沖縄ファミリーマート」のスイーツ類は、大体カロリー表示が無くって
果たして、どのくらいのカロリーなのか伺い知ることが出来ないんだけど
参考までに、本土で販売されている「希少糖入りこしあん大福」は
76グラム、220キロカロリーだったよ。
製造などを細かくチェックすべし。
製造などを細かくチェックすべし。
「おきなわ限定」って書いてあることから、沖縄に限られた素材などが使われているのかと思ったんだけど…
特に黒糖、沖縄特有の材料が使われている形跡は伺えなかったね。
小豆の原産地が記載されていない他、原材料名に「あん」と書かれていることから、推測すると・・
「あん」自体はオキコ株式会社以外で製造されているんだろうね!
そうなると、沖縄産の大福って事も頷けるかもっ。
完全沖縄産の大福なのか!?
完全沖縄産の大福なのか!?
早速、手に取ってみると
表面はさらっとしていて、ボッテリとしたお餅の感触。
割ってみると、安心の大福の様相が出てきました〜。
おきなわ限定大福を割ってみた。
おきなわ限定大福を割ってみた。
食べてみると…粒々とした「粒あん」が、もっちりとした大福餅の中にタップリ入ってる!
頬張るとあんこの豊かな甘さが口いっぱいに広がるねぇ〜。
誰もが一度は口にしたことのある、懐かしい味。
万人に愛される、安心の「大福」だねコレは。
逆にどうして「おきなわ限定」なのかは分からないけどね。
やっぱり沖縄の人は地産地消の方が好評なのかもね。
とりあえず他のコンビニなどを見た限りでは
意外と本土のコンビニにはオーソドックスな大福って少ないような気もするし
沖縄ではこういうオーソドックスな大福がいいのかな?
本土のコンビニでもこういうオーソドックスな大福の取り扱いが
もっと増えて欲しいね。
とにかく。美味しかったです〜。
ごちそうさまでした!

今話題の「大福」スイーツをチェック!

カスタードの苺大福3個 粒あんの苺大福3個 抹茶生クリーム・栗きんとん生クリーム大福各1個 チョコ・生キャラメル大福各1個計10個入り くり屋南陽軒

くり屋南陽軒(3件のカスタマーレビュー)

和んぶらん!?食べるとモンブラン!くり屋南陽軒で一番人気の栗きんとんを、生クリームとフワフワの大福で包み上げました。生クリームと栗きんとんが口の中に広がり、丸でモンブランのような大福です。京都宇治抹茶を使用した抹茶生クリームと、北海道産の最高級小豆を使用し丸一日かけて炊き上げる粒々の粒あんを包み込んだ大福は、粒あんの甘みと抹茶の苦みがコラボし、甘すぎない大福となっています。

「大福」カテゴリの記事

Top