抹茶オムレット(ローソン)

抹茶オムレット(ローソン)

抹茶オムレットは、京都が完全バックアップする和スイーツ!

ここがポイント 京都産宇治抹茶を練り込んだ香り高い、ふわふわの生地に注目っ。

突然だけど、今回は関西限定のスイーツを食べてみようかと思うよ〜。
この抹茶オムレットは、2015年1月20日から2月9日(月)まで
関西地区(近畿2府4県)のローソン約2300店舗で販売されていたんだよね。
ちなみに、この限定商品には『抹茶オムレット』と『抹茶ビスケットロール』の2種類があったみたい。
私もちょっと調べてみたんだけど
このシリーズは2014年1月より京都府と株式会社ローソンが締結している「京都産品の販路拡大」「観光振興」「地域の安全・安心」などに関する「地域活性化包括連携協定」の一環として実施してるようだね。
なんか観光の京都ってイメージだけど食にもかなり力を入れてるんだね。
コンセプチュアルな抹茶オムレット
コンセプチュアルな抹茶オムレット
「もうひとつの京都、行こう。」っていうのがテーマのようで、“お茶の京都”“海の京都”“森の京都”が大きなテーマにあるんだって。
ちなみに、今回の商品は“お茶の京都”を題材にしたもの。
・・ってことは、追々“海の京都”“森の京都”にまつわる商品も登場するのかなぁ?
そうかもしんないね!
さて、この商品なんだけど説明によると
「京都産宇治抹茶を練り込んだ香り高いふわふわの生地で、京都産宇治抹茶を使っている抹茶クリーム、粒あん、ホイップクリームを包んでいます。最後に彩りよく、抹茶ソースをトッピング。 」とのこと!
前置き長いし、早く食べたい!
抹茶オムレットのカロリー表示が見当たらないでござる。
抹茶オムレットのカロリー表示が見当たらないでござる。
もう少し、詳しく説明するとこの抹茶オムレットは
カロリー表示がなかったんだよね。
地域限定ものに時々見られる傾向なんだけど。
ちなみに、ネット上で探した情報だと他のコンビニに売ってる抹茶のオムレットが333〜4kcalだから、これもそれに近いかもね。
バイオリンを持つ『まゆまろ』
バイオリンを持つ『まゆまろ』
あっ、そうそう。
ちなみに、このパッケージにバイオリンを持ったゆるキャラが描かれてるんだけど
これは京都府広報監“まゆまろ”というキャラクターなんだって。
普段はバイオリンを持っていないんだけど、今回のキャンペーンのテーマソングをバイオリニストの葉加瀬太郎さんが担当してるみたいで、それにちなんだものなのかもね。
じゃぁ、そろそろ食べよっか。
フィルムに絡み付く抹茶オムレット!
フィルムに絡み付く抹茶オムレット!
うん〜!
さて、いざパッケージを開けてみると
写真のようにキレイにフィルムがはがれないのがとても残念…。
オムレット生地が崩壊してしまったよ。
まぁまぁ、汗。
気を取り直して食べてみると・・・
ふんわりとしたホイップ、抹茶クリームをタップリ包み込んだオムレット生地は、
抹茶の香り高い上質な生地って印象だね。
いろいろあったけど、美味しいんです。
いろいろあったけど、美味しいんです。
そのクリームの中から除く「粒あん」が、コッテリとした甘さの中に芯のあるアクセントを与えてくれてるって感じだね!
そこにトロッとかけられた抹茶ソースがこれまた香り豊かだよね…
抹茶と粒あん、そして洋風のホイップっていう、これまでの伝統の和菓子にこだわらない、新しい形の京都名物となる予感がするね。
お茶はもちろん、コーヒーにも合いそう〜。
コンビニスイーツのクオリティを超えていて
とっても美味しいけれど…関西限定なんだよね…。
逆に関東の人に受けそうだけど。
これだけのクオリティ、他地域の人にも食べて欲しいなぁ…。
次回は『抹茶ビスケットロール』も試してみたいと思ってる!

今話題の「抹茶」スイーツをチェック!

お茶元みはら胡蝶庵 とろける生大福<抹茶>10個入

お茶元みはら胡蝶庵(7件のカスタマーレビュー)

創業明治7年のお茶屋である「お茶元みはら胡蝶庵」が、こだわり抜いて作った抹茶の生大福。モチモチと良く伸びる薄皮の大福の中に濃厚なほろ苦抹茶クリームをたっぷり包んでいます。口の中で、ひんやりとろーりとお餅とクリームがとろけ合う一品。

「抹茶」カテゴリの記事

Top