具だくさんアップルパイ(ローソン)

具だくさんアップルパイ(ローソン)

りんごのプレザーブが美味しい『具だくさんアップルパイ』

ここがポイント 主役であるりんごのブレザーブは、りんごの風味が存分に生きてます。風味、酸味はもちろん、シャリっとした食感も損なわれずグッド。

4月7日から登場した新商品!
実はローソンにはレギュラー商品で「アップルパイ」が販売されているんだけど、どうやらこちらは、それとはまた違った様相だね。
具だくさんアップルパイ(ローソン)の原材料。
具だくさんアップルパイ(ローソン)の原材料。
ちなみに商品説明によると・・・
「香ばしく焼き上げたパイ生地にカスタードをひき、りんごのプレザーブ(りんごを煮詰めたもの)をトッピングしました。りんごは青森県産を使用し果肉感が楽しめる商品です。」
だってさ〜。
一目瞭然だけど、このスイーツのメインはりんご!
パイ生地に包まれたりんごじゃなく
パイ生地は、りんごを支えるためのものって感じ。
薄いパイ生地に零れ落ちそうなくらい
タップリとりんごが乗っているね。
カットしたりんごがたっぷりの「具だくさんアップルパイ(ローソン)」
カットしたりんごがたっぷりの「具だくさんアップルパイ(ローソン)」
飴色に煮詰められ、シナモンパウダーのまぶされたりんご…。
これは、りんご好きな人には見ただけでもたまらないんじゃないかな?
ちなみにアップルパイって言ったら、りんごのコンポートを使うっていうイメージがあるけど、プレザーブっていうのは初めて聞いた〜。
コンポートとは、原形をほぼそのまま保ったもので、全形または一口大にカットしたものみたいだよ!
そのままデザートになるものなんだって。
ちなみに、プレザーブは「原形を少し保っているもの」で
パンやパイのフィリングなんかにするには
こっちが一般的みたい。
りんごのプレザーブがいい感じ!
りんごのプレザーブがいい感じ!
認識違いも実感しつつ、日常使っている言葉も
微妙に意味が違ったりするから
外来語って怖いね。勉強になったよ。
それではいざ、いただきます!
パイ生地は土台や受け皿もかねているので少し固め。
サクッとしたパイ生地ならではの食感が嬉しい。
個人的にはパイ生地だけでザクザク食べてみたいなぁ…。
ちなみに、主役であるりんごのブレザーブは
りんごの風味が存分に生きてるよ!
風味、酸味はもちろん、シャリっとした食感も損なわれていなかった〜。
カットすると、こんな感じです。
カットすると、こんな感じです。
新鮮な歯ざわりの良いりんごを使っているみたいだね。
そんな風味のアクセントになっているのが、シナモンパウダー。
アップルパイや、りんごを使ったコンポート、焼きりんごに欠かせないものだし、相性の良さは証明されてるけど
・・・食べながら改めてマッチングの妙を感じたよ。
そして下に薄く敷かれたカスタードクリーム!
あっさりとした酸味のあるりんごに、まろやかなコクをプラス。
そしてバター感のあるパイ生地とのつなぎ、架け橋になってる。
いい仕事してるね。
これがないと、りんごとパイ生地は
それぞれ個性があるから、まとまりが無くなる感じがするよね。
これまたマッチングの妙かもね。
なかなかコンビニスイーツというと
「フルーツをたっぷり味わう」という印象が薄いけど
このアップルパイは
りんごの果実味をじっくり味わえる、満足の一品だったね!
ごちそうさまでした。

今話題の「パイ」スイーツをチェック!

気になるリンゴ(3個入)

ラグノオささき(5件のカスタマーレビュー)

青森リンゴを、まるごと1個パイで包んで焼き上げた贅沢アップルパイ。シャキッとした歯ごたえがおいしさの秘密です。 青森産「ふじ」をシロップに漬け、まるごと1個パイで包み、瑞々しい食感を残したまま焼き上げました。

「パイ」カテゴリの記事

「りんご・アップル」カテゴリの記事

Top