バナナプディング(ローソン)

バナナプディング(ローソン)

バナナプディング、容器をかたむけると崩れるのでご注意を。

ここがポイント そもそもプディングとプリンは全然違います!こちらは、バナナに加え、カスタードクリームとビスケットが入ってるんですよ。

まずはじめに、商品説明によると…
「今年流行の「バナナ」をフレッシュのまま初めてプディングにとじこめました。バナナの甘い香りがカスタードに移り、濃厚でコクのあるスイーツです。食感のアクセントにビスケットをサンドしました。」とのこと。
今から、それ確認してみる!
ローソン・バナナプディングの原材料。
ローソン・バナナプディングの原材料。
確かに「バナナは味が変わりやすい」と聞いたことがあるし、こういった形でバナナものを見るのは大変珍しいのでは?と思って、買ってみたんだよね。
おっと、こっち側には成分表が。
おっと、こっち側には成分表が。
そうそう。発売当初、WEBニュースに上がっていたいた生地によると…
「この商品は、カスタードクリームとフレッシュバナナ、ビスケットを重ねて作られたスイーツ。一般的なプディングとは一味違う、素材を重ねたシンプルな仕上がりとなっている。」とのことで…更に奥が深そう。
気になって調べてみると、「バナナプディング」はアメリカの一般的な家庭でおなじみのスイーツのようで、日本人のイメージする「プディング=プリン」と違い、バナナとカスタードとビスケットの層を重ねて作られてるんだって。
バナナプディング、かたよってます!
バナナプディング、かたよってます!
なるほどね〜。
このトロッとした感じ、表面のクランチビスケットにワクワクしつつ、買って家に持って帰ってみると…ガーン…。
あまりのトロッとさ具合に、傾いた拍子に、表面が崩れてしまっている…。
コンビニのバイトの女の子、研修中で思いっきり縦に入れてたっす…(遠い目)
まぁまぁ、笑。
文句言いながらも、食べる。
文句言いながらも、食べる。
崩れた表面にテンションが若干下がりつつだけど、とりあえず一口食べてみると…
テンション下げてごめんなさいっと謝りたくなるほど、美味!!
バナナ風味のカスタードクリームは舌触りも滑らかで甘すぎないところがイイね。
生のバナナの風味とは少し違う気もしますが、サッパリとした風味で、
カスタードの濃厚さにもとてもよく合うよっ。
表面にまぶされていたはずのビスケットクランチが、ちょっと「しっとり」とした食感になってはいるけど、感触的にも風味的にもアクセントになってるね。
バナナごろごろ。略してバナごろ。左に写ってるのがバナナです。
バナナごろごろ。略してバナごろ。左に写ってるのがバナナです。
食べ進むと、中には輪切りにされたバナナがゴロゴロと!
ネットリした独特の食感を残しつつ
フレッシュさも保ってるのもポイント。
実はバナナの身自体は、ちょっと苦手だったんだけど、このプディングはとても食べやすい!
カスタードクリームとバナナの相性も最高で、一口、また一口と食べ進めることが出来ちゃう。
底に敷き詰められた全粒粉のビスケットの味も、個人的には好みだったよ。
確かに、ちょっとした塩味もありつつ、全粒粉の粗い口当たりの生地が、滑らかなクリームと相まって、また違った美味しさを生み出してるって感じがするね。
でも、持って帰る際は絶対傾けないようにしないとね…(笑)
味わいのバランスも最高で、バナナ好きにはもちろん、バナナが苦手という人にも食べやすい、絶品スイーツだった★
ごちそうさま!プディングが好きになったよ〜。

今話題の「バナナ」スイーツをチェック!

東京ばな奈(東京ばな奈ツリー チョコバナナ味 8個入り)

東京ばな奈(1件のカスタマーレビュー)

東京土産の定番・東京ばな奈の「チョコバナナ味」です。チョコバナナのカスタードクリームを、ココア生地でひょう柄に仕立てた、かわいいスポンジケーキ。

「バナナ」カテゴリの記事

今話題の「プディング」スイーツをチェック!

名古屋コーチンプディングミルフィーユ

長登屋(1件のカスタマーレビュー)

名古屋コーチンの卵を使用して作った、スティックケーキタイプのミルフィーユです。甘くて濃厚なクリームをミルフィーユ生地で挟み込んだ、新しい名古屋のスイーツ。

「プディング」カテゴリの記事

Top